ショベルヘッドLife

ハーレー ショベルヘッドのトラブルなどイロイロ

2015-07-20 キャブ不調の原因判明!

バイク屋から戻ってきたショベルがキャブ不調で、まともに走れず。
症状として、以下のような感じだった。

1.アクセル開け始めに息継ぎ連発でギクシャクする
2.アクセル全開だと、特に問題なく走る
3.アイドリングがバラつき安定しない

バイク屋に相談したら、二次エアだと安直にマニフォのイカリングを交換しやがった。
だけど、症状が余計に悪化。パイロットスクリューを調整しても変わらず。。。元より、悪化してるじゃん。。

再度、バイク屋に修理させようかと思ったが、どうも信用ならないので自分で修理することとした。
(今、思えば最初からそうすべきだった)
エンジンを始動させ、パーツクリーナーを何度か吹いてみるもアイドリングが低下したりしないので、二次エアではなさそう。
ふと、パイロットスクリューを調整してもアイドリングが上がったり下がったりの変化がないのはオカシイと思い始めた。
前にパイロットスクリューをドライバなしに手で調整できるスクリューがあったのを思い出し、交換しようとばらしたら、なんと
CVキャブのパイロットスクリューの先っちょのOリングがない?
本来はバネ、ワッシャー、Oリングが刺さっているはず。。これが原因だと思われる。

DSCN5937.jpg


手回しパイロットスクリューに交換した写真。装着前のパーツの写真撮り忘れた。。。
勿論、Oリングもしっかり組み込み済み。

DSCN5942.jpg


結果、ショベルらしい三拍子を奏でるではないか。。。いーーーやーーーーん。。。

パイロットスクリューのOリング劣化等でエア漏れによる不調もあるとは聞いていたが、そもそもOリングが入っていないのは
論外であろう。ヤフオクでGetした時点で既になかったのか、バイク屋がなくしたのか定かではないが、問題は解決したようだ。
しかしながら、週末、急な雷雨で走行テストは断念だ。。。ただ、アイドリングの様子から調子はよくなっているはず。。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment