ショベルヘッドLife

ハーレー ショベルヘッドのトラブルなどイロイロ

2016-04-02 SUNDANCEに行ってきた!

TRAKTEKのフォークスプリングを購入しようと、老舗サンダンスに行ってきた。
昔は麻布にあったが、いつの間にやら、世田谷の砧公園そばに移転していた。
そこで、目当てのTRAKTEKスプリングをくれ!と話したら、かの柴崎さんが出てきて
キチンと取り付けしないとパフォーマンスが出ないのでつけてやるとのこと。
ショップでも間違った取り付けをしており、TRAKTEKって、こんなもの?ということを
言うユーザーがいるらしい。

そこから、柴崎さんの講義が始まった。

・空気圧は2.0以下にすべき。
メーカーのマニュアルはいろんな規制に対応するため、理想と規制の限界値
らしい。一般的に空気圧を高めにする方がタイヤと地面の接点が少なく燃費が向上するが、グリップという面
では接点が大きい方がよい。DUCATIも指定は3.0だが、誰も指定圧にしておらず、通常2.0が常識。

・ブレーキング時は先にタイヤが潰れて、次にサスが縮むのが理想
タイヤの空気圧がパンパンだと、先にサスが縮むので逆になる

フロントフォークのシャフトの取り付けは、右側のLowerの下側のナットを締め、左側のデカイ方のナットを締め
るではダメ! 右側を軽く締め、左を締めて、ハンドルを左右に揺さぶって平行出ししてから、締めるべし

まじ?今まで、右締め、左をトルクレンチでがっつり締めて終わりにしてた。
サンダンスのTRAKTEKはスゲー良い。フロントだけでも良いのでオススメと言ってた。
でも、自分で取り付けは進めないので、フォーク持ってきてとのこと。激混みの環八沿い
なので車で行くのかい??

・ショベルのトランスミッションは構造の問題があり、メインシャフトの加工処理をした上、リークレスを使うべし
リークレスは一時しのぎにはなるが、シャフトの摩耗によるガタツキで起きるので構造上はいずれ漏れてくる。
サンダンスのメインシャフトの加工で、シャフトの肉盛り、ハード加工により、摩耗がなくなり、ガタによる漏れが
完全に防げる。デモを見せてもらったが、シャフトに取り付けたギア?がベアリングが入ってるように回転する
のをみて驚いた。サンダンスでも余り儲からないので本音ではやりたくないらしいが。
ミッションばらさないといけないので気軽にはできないなぁ。

・S&S、HSR、SIFTON,TWINTECやら柴崎さんが開発に参加しているらしい
これが一番ビックリ! どれも昔からあるが、柴崎さんはいろんな開発に参加しているらしい。軍関係とも
コネクションがあったりするそう。なので、サンダンスが追及するパーツの資材、加工業者などのチャネルが
あるとのこと。
S&S キャブは1340ccでは、やはりデカイので口径を絞るサンダンスのパーツが絶対おススメとのこと。
15000円也
あと、S&Sエアクリカバーの裏はつららのようなトンガリがあり、これが空気の流れをキャブの入口へと
流れをよくする効果があると思っていたが、サンダンスの実験ではトンガリ過ぎらしい。なので少し切った
方がいいらしい。普通に乗る分には問題ないそうですが。。。オレの工学本読めと言われた。

・世のパーツ屋、ハーレー屋はインチキが多い
ハーレーの業界ではウソが多いとのこと。柴崎さんから見て理論上、おかしな効果を歌うパーツ、業者が
多いとのこと。一体、何を信じればいいの?
いやー、サンダンス教の信者になってしまいそうです。

一旦、終わり。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment