FC2ブログ

ショベルヘッドLife

ハーレー ショベルヘッドのトラブルなどイロイロ

2016-04-24 ショベルのバッテリーの端子が熔けました!

買い物にショベルでお出かけ。相変わらずセルの回りが悪いが、なんとかエンジンが掛かるのでセルモーターが
ダメなのか、位に思っていた。川崎までバイクを走らせていると、途中で電源が落ちてエンジンが停止。メインスイッチ
をON OFFしていると電源が入るので接触不良かと思って暫く走行していたら、また、停止。今度は電源がついても
セルを回すと落ちる。もう、わけわかんない状態。テスターも検電器も持ってこなかったので、どこまで通電しているか
もわからず。バッテリーの端子の増す締めやらしても状況変わらず。ブレーカーの落ちる音もしないので、これは困った。
お手上げだ。。。
2016-04-24 途方に暮れるショベル

2016-04-24 Sw入らず


しかたがないので、スマホでぐぐったら、川崎の近くにバイク屋があるではないか。スポーツスターが得意とあるが、
旧車もOKとある。いやいや、不幸中の幸いとはこのことか。
しかし、3~4kmあるので押すのもシンドイ。
とりあえず、バイク屋に電話。見てくれるとのこと。レッカーは保険会社の契約があるなら無料だと聞いて電話したら、
15km以内なら無料らしい。早速、お願いして、バイク屋まで運んでもらった。

バイク屋に到着し、メインスイッチあたりをテスターで測ってもらったら、バッテリーからの配線の電圧低下があった模様。
接点復活材を吹きかけたりしてもらって、とりあえず電源が点いたので、お礼を言って帰ろうとしたところ、またもや電源
が落ちた。こりゃ、ダメだ。バイク屋に預けて電車で帰宅することにした。

電車で、家の近くまで来たところで、バイク屋からの電話。原因がわかったとのこと。
どうやら、バッテリーの+端子が熔けてたらしい。
2016-04-24 熔けたバッテリー端子

実はショベルのでかい開放型バッテリーではなく、MFバッテリーに交換したのだ。
FLHのでかいバッテリートレイに合うサイズのバッテリーがないので、写真のような箱に入れて
互換性を持たせるようにしていたのだ。
DSCN6065.jpg

この箱の端子とバッテリーの端子をボルトで固定しているが、このボルトが緩んでいたようだ。そのため、恐らく何度
もスパークして熔けたようだ。
バッテリーケーブルと端子部分の増す締めはなんどかしていたが、このケースの端子は忘れてた。
作りが悪いのかもしれないけど、気を付けないとあぶねーな。ハンダでネジ固定するか検討中。
伊豆までツーリングに行くつもりだったのでよかったよかった。遠出で発覚したら、大変だからね。。。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment