FC2ブログ

ショベルヘッドLife

ハーレー ショベルヘッドのトラブルなどイロイロ

2016-10-29 プライマリー組立

ショベルのプライマリーの組立を行う。
ちなみにラストショベルの湿式である。
結構、乾式のパーツと違っているようだ。ミッションシャフトも長さが違うし、ハブ周りも
湿式専用のもので乾式とは全然違う。

DSCN7042.jpg

DSCN7046.jpg
DSCN7051.jpg

取り付けるときはコンペンセーターのギア、クラッチハブバスケットをチェーンに掛けた状態で
シャフトに差し込むのが良い。チェーンを掛けるとクリアランスがないのでハブとギアを個別には
付けられないからだ。
DSCN7053.jpg

コンペンセーターナットはロックタイト赤を2,3滴塗って108Nmから135Nm位のトルクで締め付ける。
写真でコンペンセータナット下側の白い物体は階段君である。回り止めであるが、これが実
にいい仕事をする。これがないとナットがくるくる回ってしまい締め付けられない。
DSCN7055.jpg

クラッチハブ側も取付ける。こちらは逆ネジ。マニュアルの指定ではロックタイトの青である。
トルクは47から68Nm。こちらは締め付けすぎるとハブが破損するので要注意である。
手元のトルクレンチは逆ネジに対応しておらず、締めすぎて私はハブを壊してしまいました(泣)
手に持っているのはクラッチのプッシュロッドを押す短いロッドである。これを入れ忘れてカバー
を付けてしまうと非常にブルーになる。(私がそう)これないとクラッチ握ってもスカスカになります。
DSCN7058.jpg
DSCN7062.jpg

プライマリーカバーの取付。
DSCN7087.jpg
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment