ショベルヘッドLife

ハーレー ショベルヘッドのトラブルなどイロイロ

2016-12-18 ショベルのクラッチ調整

ショベルを久々、走らせるとなんか加速に違和感があった。エンジンは回るが速度が乗らない
感じ。おそらくクラッチが滑ってるのだろう。そういえば湿式クラッチの調整も適当だったなあ。
停車時にニュートラル、なかなか入らなくなってるし。。。

なので、調整することにした。ひょっとしたら、クラッチ板が摩耗しているのかもしれないので
一旦、バラしてみようと思った。
横着してダービーカバーの穴からクラッチ板を取り出そうとしたが失敗。
そもそも穴からクラッチを取り出せません。見てみりゃあ、わかるもんだけど。
DSCN7272.jpg

元に戻す際にプレッシャープレートが割れた。。。(泣)
DSCN7273.jpg

クラッチ板が外れたまま締め付けたらしい。
ペキって軽い音がして割れてしまいました。また、やってしまいました。
でも、予備があったのでそちらを使うか。
エーイ、結局、プライマリーカバー外さなきゃじゃん。
DSCN7292.jpg

クラッチも予備パーツに交換することに。元のクラッチ板は歪んでたので。
DSCN7290.jpg
DSCN7291.jpg

面倒なプライマリカバーを開けてクラッチの取付完了。

やっとクラッチの調整です。クラッチ調整は以下の手順で行います。
1.クラッチワイヤーを緩める。
 クラッチレリーズバーにテンションが掛からないようにしてプッシュロッドにもテンションがかから
ないようにする。

2.クラッチロックナットを緩めて、アジャスターボルトを軽く回し、抵抗を感じたところでSTOP
その後、1/2~3/4あたり戻す。それからクラッチのロックナットを締め付け
DSCN7341.jpg

3.クラッチワイヤーを締めて遊びの調整する。

ショベルのクラッチワイヤーの調整はソレノイドやら、プライマリーケースが邪魔でナットに
レンチが届きにくい
DSCN7343.jpg

なので、クロウフットレンチを使用。これが非常に便利。インチサイズはSnapOnとか高級品しか
ないと半ばあきらめかけたけど、ありました。3000円位でインチサイズのクロウフットが!
クロモリ製のようですが作りはそんなに悪くないです。
DSCN7333.jpg

こんな感じで奥にあるナットにレンチが届きます。これは非常におススメですね。
DSCN7336.jpg
DSCN7340.jpg


調整の結果、問題なし。ニュートラルもスコスコ入るようになりました!
クラッチが重いのは変わらず。最初は渋滞とかでノロノロ走行だと握力がなくなってきて
しんどかったけど、気づけば気にならなくなった。慣れたのか、握力が付いたのかな?



スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment